ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

鼻尖形成術で鼻形成する場合の費用やダウンタイム

人間には、必ずと言っていいほどコンプレックスが存在します。コンプレックスの内容は人それぞれですが、鼻の形を気にしている人も多い傾向にあります。鼻の形が気になる場合としては、団子っぱなの場合です。これは日本人におい傾向がありますが、コンプレックスになるのはやはり白人などの鼻の高い人と比べた時でしょう。もともと外国と交流がなかった150年以上前は、このようなコンプレックスを抱いていた人はおそらくあまりいませんでした。

このようなコンプレックスを解消するために、美容整形外科では鼻尖形成術で鼻形成することができるようになっています。これは、丸まった鼻を鋭くそして高くするために尖らせるものになります。これにより、形を変えることができるコンプレックスを解消することにつながりやすいです。

ただ、鼻尖形成術で鼻形成は美容整形の中でもわりと費用がかかる手術の一つとして知られています。料金は美容整形化によっても異なりますが、おおむね50万円前後と考えておけばよいです。キャンペーン期間などを利用すれば、少しは安くなるかもしれませんが、大幅に安くなることはめったになりません。なぜこれだけお金がかかるかといえば、細かな手術をしなければならないからです。実際にどのようにして行うかといえば、鼻の頭の内側を7mm程度切り開いて余分な組織をなくしていきます。

これにより、その部分が空洞になりますので軟骨等を移植することで終わらせることが可能になります。その結果、今までとは違った形になりますので、人相も大きく変わっていくでしょう。

あとは、実際にどれぐらいのダウンタイムになるか気になるところです。普段から会社勤めしている人は、いきなり鼻の形が不自然に変わったと周りの人に思われてはおかしいですので、しばらくのあいだマスクをすることになるでしょう。ただ、不自然にマスクを何カ月もしている姿を見れば周りの人も噂をするかもしれません。

実際にどれぐらいのダウンタイムになるかといえばおよそ1週間から2週間程度になります。少なくともこのあいだは有給休暇を取るか、休みを取ることができないならばマスクをして出勤するしかありません。

このように、わりと大掛かりな手術になりますので、しっかりと事前に調査をした方がよいです。何を調査するかといえば、まず実際にこの手術をした結果どのような形になるかです。形に関しては、美容整形外科の先生によって異なりますので、自分が希望している美容整形外科の先生が果たしてどのような症例を扱っているかの写真などを見せてもらった方がよいです。たいていの場合ホームページなどに出ていますので、その状態を見せてもらいましょう。

ただ場合によっては、ホームページに掲載されてから、後になって形が崩れてしまうようなこともあるかもしれません。そこで、単にホームページの写真だけを信じるのではなく、事前に口コミで評判などもよく見ておきましょう。もし口コミや評判などが悪く、手術をしても失敗するような例が多い場合にはあまり積極的には関与しない方がよいです。ただ、口コミで評判が大げさになっているような例もありますのでその点は注意しなければならないところです。

傷跡が残るかも気にしておく必要がありますが、基本的に内側から穴をあけますので、表面から見て傷跡が残るようなことはまずありません。
それ以外では、そこのクリニックや美容整形外科のアフターフォローがどのようになっているかを気にしておく必要があります。

よくある間違えたパターンとしては、料金が安いのでお願いしたところ、十分なアフターフォローがされず後になって困ったことになることもあるでしょう。この場合、もう一つ別の美容整形外科などで再手術をして余計にお金がかかってしまうことがあるためアフターフォローの重要性を理解しておく必要があります。

最終更新日

ダウンタイム , 団子鼻 , 鼻尖形成術