鼻形成革命

   

軟骨移植で安全かつ理想の鼻形成を実現

事故や怪我による損傷や美容整形などの目的で鼻形成を行う際には、医療用シリコンやプロテーゼなどの薬剤を注入したり、複雑骨折などの場合はチタンのプレートを入れるなどさまざまな方法がありました。
シリコンは比較的安全な素材で加工がしやすいほか、万が一仕上がりに納得できないケースがあったとしても除去や再挿入を行うこともできます。
ただし、いずれの方法についても異物を体内に入れることから拒絶反応のリスクもあります。
そんな中で、ここ数年の技術革新により登場したのが、自家組織による軟骨移植を行う方法で、自身の体内から取り出した組織を利用することから拒絶反応の可能性が極めて低いだけではなく、定着しやすいのも大きなメリットです。
自家組織の移植は高度な技術が必要ですが、その中でも鼻形成で使用する軟骨は移植後に吸収されにくいのに加えて、柔軟性と弾力性を持っていることから加工がしやすく比較的予後が良いのも特徴です。
軟骨を採取するのは、主に耳にある耳介軟骨、胸にある肋軟骨、鼻の奥にある鼻中隔軟骨があり、側頭部から筋膜を採取するケースでは鼻に使用するにはそのままでは柔らかすぎるため、耳介軟骨と合わせて使用することもあります。
自家組織による軟骨移植で鼻形成が行われる主な理由には、シリコンやプロテーゼ、チタンなどの異物を身体に入れることを患者さん自身が敬遠しているケースや、過去に従来型の方法による鼻形成を実施した結果、露出や感染、違和感などの問題があったケースがあるのもポイントです。
また、鼻骨骨折などによる陥没変形で左右の鼻骨の間に欠損があり鼻腔と繋がってしまっている状態で、シリコンやチタンなどの異物を使用すると感染のリスクが懸念されて使用できない場合も自家組織が利用されることがあります。
ただし、自家組織の軟骨移植による鼻形成は、移植片の輪郭がシャープではないためそのような形状を求める方には向いておらず、自然な形状を求める方に選ばれているほか、従来型の方法で縁が浮き出て修正したい場合には有効な手段です。
手術を行う手順は、まずはマーキングを行うところから始まり、患者さんが椅子に座り正対した状態で移植片の挿入位置を本人の希望を勘案しながら最適な位置を確認します。
鼻根からスタートし、目を自然に開いた状態で左右のまつ毛を結んだラインを基本とし、尾側は皮膚の厚い鼻尖部を終点にして検討します。
手術時間は最低でも2時間以上かかるとされ、静脈麻酔を行います。
移植材料の採取では浅側頭筋膜と耳甲介軟骨を採取しますが、側頭毛髪内でV型切開を行い浅側頭筋膜を露出させて全長35mmから40mm程度、幅20mm程度で採取します。
耳甲介軟骨は最終的な鼻の形状によって異なりますが、余裕を持ったサイズで両側耳介から採取します。
採取した軟骨はメスを用いて細かく1mmから2mm程度に切り刻み、注射シリンジの先端を切断してこの軟骨を詰めてから側頭筋膜をシリンジに筒状に巻き付けて筋膜の断端を縫合し、加圧しながら細片軟骨をこの筋膜に充填して軟骨が袋状の筋膜に包まれます。
つづいて左右均等に剥離を行うために左右両側のIC incisionアプローチまたは、IF incisionを用い、移植片を挿入する剥離腔の作成では剥離層として鼻根は骨膜の直上、鼻背は軟骨の膜上を基本に形成して行きます。
移植片の挿入では、移植片を皮膚の上に置き長さや厚みなどをチェックして慎重にフィットさせ整えます。
移植片の上下の両端にナイロンを通し、針を用いて鼻孔の縁の切開創から糸を皮膚側の予定位置に抜き、移植片の位置がずれないようにテープで固定します。
最後に行う外固定では、皮膚の正中に沿って左右に濡れ綿で移植片の偏位を押えてテープで固定します。
これらの技術の発展により、自家組織の軟骨移植を実施し理想の鼻形成を実現する方が増えています。

シリコンプロテーゼ , 組織移植 , 麻酔