鼻形成革命

   

美しい鼻形成なら鼻翼縮小術

美しい鼻形成の方法に、鼻翼縮小術があります。小鼻が横に広がっていたり、鼻の穴が大きく見えるといった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。鼻の穴が大きいと愛嬌のある顔になりますが、男性的な印象を与えてしまうこともあります。それがコンプレックスで、自分の顔に自信がないといったこともあるようです。
鼻翼縮小術は、そういった人におすすめの治療法になります。小鼻の付け根部分を一部取り除くことで、鼻翼を小さくすることができます。鼻の穴も小さくなるので、可愛らしく品のある鼻になります。鼻は顔の中心にあるパーツなので、小鼻が膨らんでいるとアンバランスに見えます。それが小さくなることで、バランスの取れた顔にすることができます。横に広がっていると、鼻が低いと見られてしまうデメリットもあります。その場合には鼻を高くしなくても、鼻翼縮小術を行うことによって高く見せることができます。
一人一人の鼻の形は様々なので、実際の手術を行う際には事前に丁寧にカウンセリングを行うのが一般的です。どのような鼻が理想なのかをしっかりと話し合う必要があります。横の張り出しが大きい人の場合には、付け根部分だけではなく小鼻の一部まで切除することになります。横にあまり張り出していない時には、付け根部分を切除するだけで十分です。鼻の穴が目立ちにくいようにするといった対応もできます。
カウンセリングを受ける際には、鼻の高さや鼻先の角度、顔全体のバランスなどをトータルで判断して最適な手術法が提案されます。できるだけ高い方がいいと思っていても、あまり高すぎるとバランスが悪くなってしまうこともあります。ですから事前にシミュレーションしておくことが欠かせません。何か分からない点や不安なところがあれば、遠慮なく何度でも質問するようにしましょう。あまり説明をしてくれなかったり、質問に答えてくれないようなクリニックは選ぶべきではありません。クリニックを選ぶ際には、信頼できる医師やスタッフがいるところを選ぶことが重要です。
鼻翼縮小術の流れとしては、まず切開する場所にマーキングをします。それから局所麻酔をして、実際の手術となります。麻酔をするので、手術中に痛みを感じることはありません。手術時間はクリニックによっても異なりますが、30分から1時間程度で終わることが多いようです。
手術の後には、鼻の周辺に腫れが生じることがあります。通常は数日で落ち着いてくることが多いですが、ごく稀に強い痛みが生じたり炎症が起こることもあるようです。そういった時には、早めに医療機関を受診して医師の診察を受ける必要があります。鼻の周辺の腫れは、一般的には1週間から10日程度で気にならなくなります。それから内出血が生じることもありますが、数日すれば消えていきます。その後は傷跡もほとんど目立ちませんから、すぐに日常の生活に戻ることができます。
鼻翼縮小術は、鼻を小さくしたいという人に最適な治療法です。付け根部分を切除して縫い縮めることで、横方向へ張り出している鼻を小さくすることができます。鼻と頬の境目部分も目立たなくなるので、鼻の穴も小さく見えるようになります。鼻の穴が縦長になるので、品の良い鼻を作り出すことができます。また、人によっては鼻の大きさが左右で違っていることもあります。施術の際に微調整を行えば、大きさを揃えてバランスの取れた形にすることもできます。手術というと大袈裟な印象がありますが、日帰りで行えるものなので手軽に施術を受けられます。実際に施術を受けた人の中には、長年悩んでいたコンプレックスが解消して何度も前向きに取り組めるようになったという人もいます。

カウンセリング , シミュレーション , 鼻翼縮小術