鼻形成革命

   

シリコンプロテーゼ挿入による鼻形成

顔のコンプレックスや欠点はメイクである程度はカバーできますが、鼻の場合はメイクだけでは理想の形にするのは難しいものがあります。ノーズシャドウなどを駆使すればある程度は鼻を高く見せることができますが、正面で見たときは良くても、横顔ではごまかしが効きません。正面からだけではなくどの角度で見られても美しい鼻にするのであれば、美容整形も検討していきたいところです。
手軽に行える美容整形では、ヒアルロン酸注入やレディエッセなどがあげられますが、手軽に行えるものの少しずつ体に吸収されていきますので何度も施術をやり直す必要もあります。一回ずつの施術料金は安く抑えることができても、何度も繰り返すとなると高額な出費になることは理解しておきましょう。
一度の施術で半永久的な効果を得るのであれば、シリコンプロテーゼ挿入による鼻形成も考えていきたいところです。
シリコンプロテーゼは人工物であるシリコンを挿入することで、鼻を高くし鼻筋を通す治療となっており、プチ整形とは違い長期に効果を持続することができます。
プロテーゼにもI型とL型がありますが、L型は鼻先に負担が掛かりやすいこともあり、最近ではI型が選ばれることが多くなっています。
切開を伴う治療となりますので、顔に傷が残らないかも気になるところですが挿入の際も鼻の中から切開を行いますので傷が外から見える心配はありません。
そしてプロテーゼを挿入するだけではなく、鼻尖形成術や小鼻縮小術などの治療も組み合わせることができますので、鼻を高くしながら鼻の先を美しく整えたり、団子鼻を同時にすっきりとさせていくこともできます。シリコンプロテーゼは形を整えやすく仕上がりも美しいので理想の鼻を得やすい治療です。もし仕上がりが気にいらなくても除去や交換も行うことができますので修正がしやすいのもメリットと言えるでしょう。
シリコンプロテーゼによる鼻形成のデメリットやリスクも知っておきたいところですが、異物を挿入することになりますので、まれに感染のリスクがあることがあげられます。
それから、注射だけで行えるプチ整形とは違い本格的な手術となりますので治療にはそれなりの時間も必要です。切開を伴う治療でもありますので、痛みのリスクについても知っておきたいところです。
まず、治療中は麻酔が行われますので痛みはありませんが、人工物を入れることもあり治療後は痛みが発生しやすい傾向にあります。鎮痛剤などが処方されますがあまりに痛みが強い場合は早めに医師に相談しましょう。
美容整形ではダウンタイムのことも考えて治療を受ける必要がありますが、シリコンプロテーゼを挿入する鼻形成では一週間程度は強い腫れや内出血が出やすい傾向にあります。それゆえ、そのことも考えて治療後はゆっくりと休める環境を整えておくことが大切です。治療後はテーピングやギブスで固定することも多くなっていますので、治療後の固定がどのように行われるのかも確認しておきます。
理想の仕上がりにするためには、まずはカウンセリングの際に希望をしっかりと伝えておくことも大切です。そしてただ高くすれば良いというわけではなく、顔全体のバランスを崩さないようにする必要もありますので医師のアドバイスも聞きながら理想の形を選んでいきましょう。
ダウンタイムを短く抑えるためにも、治療技術の高さは大切です。そして何度もやり直す手間なく一度の施術で理想の仕上がりにするためにも名医と呼ばれる医師が在籍しているクリニックを選ぶことが大事です。
治療後に不具合が出た場合に備えてアフターケアもしっかりと行ってくれる美容クリニックであるかもよく確認しておきましょう。

シリコンプロテーゼ , ダウンタイム , 感染症